SEIの部屋(完成率12%)

現在製作中です。(完成率12%) ゲーム(PSP・PS3・DS・Wiiなど)と日常などの事をします。
お勧め記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイクロソフト「Windows 8」社内機密資料の内容が流出!


マイクロソフトの次世代OSとされている「Windows 8(仮)」の開発資料がネット上に流出したそうです。
しかも、この「Windows 8」の新機能はとても素晴らしいものらしく、大勝利をおさめるためのプロジェクトだそうです。

ちなみに発売は2012年を目指して開発しているとのことです。



何をどこでどう間違ったのか2012年リリース予定で次期Windowsとなる「Windows 8(仮)」のプレゼンテーション資料と思 われるものがネット上に流出、その資料から次々と新機能の輪郭や今後のスケジュールなどが明らかになってきました。

特に注目すべきはマイクロソフトが現状をどう認識し、そしてどのような次の手を打つべきだと分析しているのかという点。Windowsを超えることこそが 勝利のカギだ!と読めるような箇所や、スタイルのかっこよさでビジネスの顧客が製品を選ぶわけではないと断じていたり、さらには影響力を持つアーリーアダ プターは決して技術力があるわけではなくただ技術への興味が強く影響力も強いだけとしていたり、なかなか読ませるプレゼンテーションになっています。

というわけで、実際にその資料を見ながら、マイクロソフトが次のWindows8に搭載してくる新機能の数々を見てみましょう。詳細は以下から。


Windows 8 Plans Leaked: Numerous Details Revealed | Windows 8, Windows Phone 8, Office 15 | Stephen Chapman @ MSFTKitchen

まずアップルがマイクロソフトの時価総額を抜いてかなり強力な立ち位置になっている件について、どのようにしてアップルがそれを成し遂げたのかを分析して います。アップルのブランドはハイクオリティで使いやすく、そしてちゃんと動くというように人々は認知しており、ユーザー体験としては人々が自分の持って いるモノの価値を認識できるようにデザインされ、そうやって人々が価値を認めることで製品への満足度が高まり、アップルというブランドにフィードバックさ れ、これによって人々はアップルに金を払うというサイクルができあがっているとマイクロソフトは分析しています。


また、2012年に登場するであろう新型のPCについても述べており、モニターはタッチディスプレイが前提で17インチから30インチ、DirectX GPUを使用、マルチタッチは5カ所以上に対応してサンプリングレートもさらに上昇し、HDビデオが標準化されると予想。各種センサーについても、赤外線 近接センサー・環境光計測センサー・ユーザーが眠っているか起きているかを判断するセンサー・部屋の兆候に対応するセンサーを搭載、2Dカメラを使った顔 認識によるログインシステムも可能だろうとしています。サウンド環境については全方向性のマイクロホンが好まれ、高音質なスピーカー、ボイスコントロー ル、それらを使った音声によるコミュニケーションとソーシャルネットワーキングの隆盛、メディア・エンターテイメント体験が可能になると予測しています。 さらにネットワーク系については、無線LAN・有線LAN・Bluetooth、そして高速なネット接続が当たり前となるとしています。


これはWindows8のプロダクトサイクル、開発スケジュールについて。この機密資料を使った会議自体は2010年4月20日に行われており、どうやら 現段階では「プランニング(立案)」の段階。今はまだビジョンを組み上げる時期であり、大きな全体像を描き、シナリオよりもテーマを重視、各種機能は現段 階で決定するそうです。次に「開発(ビジョンからベータへ)」の段階に突入し、各種機能のデザインを作り、製品ラインナップを決定、開発コードの共有を始 めます。最終が「リリース準備」の段階で各種機能を仕上げてバグをフィックスし、評価基準とその追跡を準備、そして「Dell」と「Windows Experience」を作り出すことにフォーカスする、としています。なぜDell……?なお、Windows 8には「Internet Explorer 9」が搭載されるようです。


ある意味で目玉機能のひとつと言える顔認識によるログイン機能。2012年にはカメラ機能はPCと統合されてよりどこにでもあるようになっていると予測し た上で、パソコンはどこにユーザーがいるかを認識し、自動的にログイン可能になる、としています。


さらにWindows8については認証機能が進化するとしており、まずユーザーアカウントは個人がWindowsにアクセスする主要な方式であり続け、各 ユーザーアカウント間の切り替えをより素早く行い、Windowsのユーザーアカウントを「クラウド」に接続、各種設定などをいろいろなPCやデバイスで 共有できるようにして、PCにログインするとそのままユーザーの代わりにウェブサイトにもログインし、オンラインでのセキュリティもより増加させ、マシン 中心から人中心のシステムに認証機能を進化させるとしています。


次にWindows8の計画に影響を与えるトレンドについて。新しいイノベーション的技術が登場するとそれは爆発的に広がってそれまでの規格を変更させ、 消費者のユーザー体験をより新しくユニークなものにしてしまいます。これによってマイクロソフトと顧客とのつながりについて、ソフトウェアとサービスを組 み合わせた世界についてデザインする必要があり、これはマイクロソフトのビジネスにも影響するとしています。そして企業と個人の衝突が発生するとしてお り、それは各個人がパーソナルな部分とプロフェッショナルな仕事の部分とでシームレスに快適なユーザー体験ができるようにマイクロソフトが手助けする部分 であるとしており、特に各コンテンツの経験は個人的なものであり、エンドユーザーの持っているデバイスとその状況によって高度に適合されるはずだとしてい ます。そしてWindowsは多様で活気に満ちたエコシステム、すなわちWindowsを利用しているパートナーたちが安定しつつもユニークで健康的な ハードウェアとソフトウェアのエコシステムを維持するのを助けるべきだとし、経済の実態は決してスタイルから入るものではないとして、顧客は意志決定を 「質」「パフォーマンス」「信頼度」「セキュリティ」に基づいて行うと断じています。


また、消費者を理解するカギは「エンゲージメント(愛着心)」であるとし、Windows8のターゲットとなる顧客を2種類に分けています。1 つめは「熱狂家」と呼ばれる層で、これは主流となる消費者のサブセットに過ぎないが高い忠誠心・愛着心を持ち、なおかつ技術を使うことやその技術の意味す るものなどに非常に強い興味があり、友達・家族・フォロワーが何か技術に関する決定を下す際に影響力を持っています。かなりの時間・努力・資金をアーリー アダプターとしてテクノロジーに費やす傾向があるものの、テクノロジー・エキスパートや技術的な能力を持っているわけではない点に注意が必要だ、としてい ます。そして2つめのターゲットとして、「主流となる消費者」を設定しており、彼らは技術については中の下程度の愛着心しか持っていないが、毎日技術を他 人とつながることや何かモノを得るために使用しています。技術的な知識については多種多様ですが全体として高い技術力があるわけではありません。技術につ いての愛着心や影響力についても中の下程度で、彼らのする大部分のことも同様です。


次はWindows8の基本的なビジネスモデルの概念についての仮定です。エコシステムの構築がカギであるとしており、Windowsの成功のカギはハー ドウェア・デバイス・ソフトウェアの選択にあり、そのためマイクロソフトはすべてのPCに関心を持ち、ローエンドからハイエンドのシステムに至るまでみん なにWindowsを提供すべきだとしています。そして今までのWindowsを超えることこそが勝利につながり、それは 「Windows+Windows Live+Internet Explorer」だとしています。また、OSのアップグレードというのはチャンスであり、このエコシステムを作るために最初からWindowsをインス トールしてあることこそがまさにチャンスだとしており、顧客は何を買うべきかを知る必要があり、Windowsのどのエディションを買うべきか知ることを 簡単にすべきだとしています。


以下の図はWindows8がリーチできる市場を示した図で、プロフェッショナル開発者(プログラミング自体が仕事である人々)と起業家となるマインドを 持った学生たち、そして愛好家(マニア、趣味でプログラミングを行う者)のそれぞれについて示しています。左上にあるオレンジ色の「STEM-D」と書い てあるのが教育機関関係者のことで3900万人、その下にある水色の部分が860万人いるプロフェッショナル開発者たち、一番大きな赤い部分が1億400 万人もの愛好家もしくはプロフェッショナルではない開発者となっており、Windows8のターゲット市場は白い円で囲まれた部分であるとしているわけで す。


Windows8を差別化する目標について。マイクロソフトのパートナーたちはWindowsを特徴的なハードウェアとソフトウェアの提供によってユニー クで、調和があり、そしてブランドを経験させるものにしたいと望んでいます。対して新しいパソコンを買いたいと思っている顧客たちは、Windows8が 提供する価値をはっきりと認識する必要があり、彼らの個性・興味・ライフスタイルにベストマッチするものであるとしてWindows8搭載パソコンを選ぶ 必要性があります。


これはWindows8を差別化することのできるポテンシャルエリアを示した図です。上にあるのがフォームファクター、要するにハードウェア部分で、下に あるのがカスタマイゼーション、要するにソフトウェア的な部分です。


まずは上のハードウェア部分から。Windowsはモダンなプラットフォームとしてパートナーたちやデベロッパーたちに提供される必要性があるため、ター ゲットを明確に3つに絞り込んでいます。


「Slate」と呼ばれるハードウェア。これはいわゆるタブレット型のPCで、アップルで言うなら「iPad」のようなもの。ウェブ閲覧とマルチメディア 再生、カジュアルゲーム、電子メールを読んだり並べ替えること、メッセンジャーやSNSによるコミュニケーションが主な目的です。2つめのターゲットは 「ノートPC」で、生産的なアプリケーション、電子メールを書くこと、マルチメディア系ファイルを作成することとなっています。最後の3つめのターゲット は「オールインワン」となっており、要するに全部入りのデスクトップ型PCのことで、ウェブとそれに関連するマルチメディアの作成、ヘビーなコミュニケー ション、マルチメディア系ファイル作成、カジュアルゲームとなっています。


これら3つのハードウェア上で動くカスタマイゼーション的なソフトウェア部分について、まずは「アプリケーション」から。マイクロソフトのパートナーたち はアップルのiTunes StoreやApp Storeのような「Windows Store」を利用でき、例えばHPなら「HP Store Powerd by Windows」というようにでき、「要注目のアプリ」「推奨アプリ」「お買い得なアプリ」というような誘導が可能。さらにこのWindows Storeは異なるマシンにログインしていたとしても関係なく、HPならHPのIDを使えば一度購入したアプリは再ダウンロードが可能となっており、ソフ トウェアライセンスはマシンではなくユーザーに紐づけられています。


2つめが「デバイス」で、これはWindows 7で既に導入されている「Device Stage」のこと。


3つめは「マルチメディア」、バッテリー動作でもちゃんとパフォーマンスを発揮し、HTML5のビデオやDRMといった著作権管理が動作し、3Dディスプ レイやDLNA、さらに「PlayTo」機能(日本語版のWindows 7で「リモート再生」として実装されている)も動作、特にリモート再生は単にノートPCでも再生できるという次元を 超えて、周辺デバイスやマルチスクリーンにも対応させるとしています。


4つめは「ヘルプ&サポート」、ヘルプの内容をちゃんとアップデートし、マイクロソフトだけでなく各OEM企業のオンラインコンテンツも検索可能にし、ト ラブルシューターも検索可能にする予定だそうです。


5つめは「ユーザーインターフェースとテーマ」で、Windows自体のカスタマイズ、タッチとジェスチャーと3Dのサポート、より小さい画面への最適 化、特定のアプリのプロモーションやWindows全体の経験における複雑さを減らすこと、そして地理的な差異による製品のカスタマイズとなっています。


以上を要約すると、Windows8はそういう価値を生み出す原料を提供するというわけです。



元のサイトでは英語でしたが、さらに多くの情報がありました。
興味がある方はどうぞぜひのぞいてみてください。


=参考サイト=
Gigazine
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100629_windows8/

Windows 8 Plans Leaked: Numerous Details Revealed | Windows 8, Windows Phone 8, Office 15 | Stephen Chapman @ MSFTKitchen
[ 2010/06/29 21:30 ] 日記『話題』 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
FC2カウンター
ノーマルカレンダー
<< 08
2017
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FXチャート
デイトレード コツ
広告等
アフィリエイトはアクセストレード 7年以上の運用実績があり、広告主は1400社以上の大手ASP。
スポンサードリンク
初音ミク 名曲メドレー


presented by 初音ミク オリジナル



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。